今は時代が変わって、組織を作る時に必要な考え方が変わってきているそうです。昔は給料が良いだけでもよかったのですが今は違ってきています。

そこで今回は現代経営!楽しく簡単に学べる組織論とリーダーシップについてご紹介いたします。

 

 

まずはリーダーシップです。

今のリーダーに大切な事は心を動かす事です。組織とは元々バラバラな人が集まってできています。バラバラな人が集まっているということは、バラバラな心の人がたくさんいるということです。そのバラバラな心をひとつの方向に向かわせる(ベクトルを合わせる)ことができるリーダーは大きな成果を残せます。

 

 

そんなリーダーの喋るときのコツは、目的を一番先に言うことです。目的を先に言うことによって感情や心が動きます。その後に目標を言うのがコツです。

 

 

次にその組織の人を動かす方法です。

昔のモチベーションは、お金や褒賞で人は動くのでよかったのですが、今は時代が変わりました。今のモチベーションは内的要因です。今、属している団体において重要感や使命感などがあって、ここにいてよかったなーとか、すごく成長できてるなーって感じられることが重要なのです。ですから現代のリーダーは一人ひとりのレベルに合わせて目標設定することも大切です。

 

 

今回は現代経営!組織論とリーダーシップについて重要な事を簡単にご紹介いたしました。経営とか組織論というと、固い感じがしますが、人が3人集まればそれはもう立派な組織です。みんなが力を発揮できる現代の組織論、みんなが経営に参加できる組織論で、みんなが幸せになればいいですね。

 

ショッカーもそのように言っています(笑)