セルフカラーをしている人が美容室にきて、大変なことになっている事例が美容室で

多発してるんですって!

スポンサーリンク

今回はセルフカラーをしている人にはわかってほしい、美容室には行けなくなってし

まう、おすすめ出来ないセルフカラー、2つの商品をご紹介します。どうして美容室

に行けなくなってしまうのか、おすすめ出来ないその理由はパーマやヘアカラーをすると髪の毛が青色や緑色に発色してしまうからです。

 

 

カットだけですと美容室には行けるのですがパーマやヘアカラーは、美容室に断られ

てしまいますし、もし間違ってパーマやヘアカラーをしてしまうと髪の毛が大変なことになってしまいます。

 

 

まずは髪の毛が青色に発色してしまう、おすすめ出来ないセルフカラーをご紹介します。利尻昆布カラーです。青く発色する理由としては、この商品の中に天然色素の他に、赤、青、黄の色素を使って色を安定させているそうです。青い色素は髪の毛に残りやすく青く発色してしまうそうです。しかもこの商品の塩素性色素は何をしても取ることができない特性がありますので、髪の毛を切ることでしか取る方法はありません。従って、美容室では

色素が付いている限り、パーマやヘアカラーはできなくなります。

 

 

次に髪の毛が緑色に発色してしまう、おすすめ出来ないセルフカラーをご紹介します。この商品は、(光で染まるカラー)などのキャッチコピーで売られています。この商品の主成分は硝酸銀(劇物指定の薬品)を使用しています。硝酸銀はとても毒性が強くてアンモニアと混ざると雷銀(らいぎん)という物質に変わるそうです。パーマ液やヘアカラー剤に

は、アンモニアが含まれているそうです。アンモニアと硝酸銀が反応して緑色に変色

するようです。この硝酸銀も髪の毛からなかなか取れませんので、なくならない限り

パーマやヘアカラーはできなくなります。ネットでいろいろ調べましたがこの商品のみOKです。

kara