最近、美容業界の給与体系が大きく変わってきているんです。昔は少なかったのですが、今では多くの美容室がスタイリストになると完全歩合制の給与体系を採用しているんです。

 

美容師の給与体系を完全歩合制にすると、いきなりお店の売り上げは上がります。それは今までよりも美容師が、真剣に働かないと自分の給料が減ってしまうからです。働いたら働いた分だけ給与がもらえるので、美容師は真剣に働きます。今まで手を抜いて働いてきた人もこれではダメだと思い、真剣になるようです。

 

 

ここまで完全歩合制の給与体系を聞くと、売り上げも上がり、手を抜いて働いていた美容師も真剣に働くので良いことばかりのように思えます。しかしこの完全歩合制の給与体系にすると、瞬間の売り上げは上がるのですが、個人が個人のために働くようになるのでチームの目的が見えなくなります。

 

 

会社の目的や、お店の目的が見えなくなり個人が個人のために働くようになってしまうのです。会社としてスタイリストを、ただの作業員のように考えて、使っていく場合はこれでokです。

 

 

しかしスタッフとともにお店、会社の目的を共有し、全員で勝利に向かっていく場合には完全歩合制の給与体系は美容師同士のベクトルがいずれ合わなくなります。どんなに会社や、店のためにやってるといっても、給与体系が、個人の、やったらやっただけもらえる給与体系では、全員の目的と目標がずれてしまうのです。

 

 

美容業界も今は、お店が多くなりすぎて大変な時です。昔みたいに、こうやれば必ず成功すると言う方法が見当たりません。ですから、お店の美容師同士が一丸となって、勝利に向かって、その方法を見つけだし、みんなで力を合わせて、ひとつの方向に向かっていくことが大事だと思います。

 

 

一見、遠回りのように見えますが1番の成功への近道だと思います。このような社長の考えが、ある場合には、給与体系は完全歩合制ではなく、全従業員の平均年収をあげれるよにみんなで考え、協力して行くしかありません。

 

 

給与体系1つで会社、お店の方向が大きく変わってしまうことがありますので、社長は売り上げが上がる、下がるや、儲かる儲からないではなく、この会社、このお店をどのようにしたいのか、従業員とどのように接していきたいのかを考えて給与体系などを決める必要があると思います。特に給与体系で働く美容師の目的が大きく変わるので給与体系は慎重に決める必要があると思います。

 

 

美容室を取り巻くディーラーさんやメーカーさんも、協力はしてくれますが会社、お店のスタッフを一番考えているのは社長です。社長が真剣に考えて給与体系、会社の方向性、従業員との接し方を決めて進んで行くことが大切だと思います。(一時のもうけに走らないように)(笑)

 

 

これからの美容業界は団体戦です。働くスタッフとともに協力してギスギスした人間関係ではなく、全てのスタッフを幸せに出来るように社長は考える必要性があると思いました。



以上、ダマされないで!!美容師の給与体系でお店は変わってしまいますよ、でした。