春になると、なんだかやる気が出ない人が多いと聞きます。こんな症状を簡単に考えてはいけないようですよ。これはうつ病の手前の(心の疲れ)だそうです。うつ病になる前に心の疲れの対処法でうつ病を自分で未然に防ぎましょう。

 

心が疲れてくると、ストレスがたまって、気分が沈み、イライラしたり不安になったりするそうです。こんな症状が続くと食欲がなくなり胃腸の調子も悪くなります。その他、寝つきが悪く、夜中に何度も起きたり、朝も早く目が覚めたりと睡眠にも影響が出るそうです。こんなサインを見逃して頑張りすぎるとうつ病にかかってしまう可能性があるようです。日本人の5人に1人がこんなうつ病にかかっているストレス時代みたいです。

 

 

そこで、ドクターに聞いた、うつ病にならないために、自分でできる対処法を教えちゃいます。

 

1 ストレスの解消法を見つける事

 

ストレス解消法は人によって違うものです。自分が好きな事をするのがストレスの解消になる事が多いので、自分な何が好きか、何がしたいのかを心の中で思い返して見つけてください。

 

2 泣いてみよう

 

泣くことをがまんしていることが多いので思い切り泣いてみてください。涙と一緒にストレスも流れ出ることが多いようです。

 

3 全部完璧にできなくてもいいのです。

 

全て完璧にキッチリやってしまう真面目で責任感の強い人が、頑張りすぎてうつ病に鳴るケースが多いようです。マイペースで頑張りすぎないように、力を抜いていきましょう。

 

4 天気のいい日に外に出て日光を浴びよう

 

日光にあたることで夜暗くなると眠気を感じるようになるようです。睡眠不足などによりなおストレスがたまりやすくなりますので、日光にあたって、睡眠の悩みを改善してください。

 

うつ病は自分では気づきにくい病気です。普段から対処法を気にかけて心の疲れを取るようにしましょう。対処法と合わせて、ビタミンなどをしっかりとり、健康な食生活にも気を付けてくださいね。

ブレイン・エナジー

 

以上、(心の対処法をで、自分でうつ病を未然に防ごう)でした。