育児休業給付金や出産育児一時金、出産手当金など、良く理解していますか?

出てくる言葉が難しすぎるので、簡単な言葉で説明しますね。

 

まずは出産育児一時金です。これは子供を出産するともらえるお金です。健康保険から支給されるので、健康保険はみんなもっているので出産育児一時金はみんなもらえますよ。(一律1人当たり35万円)

 

 

次は出産育児一時金、これは社会保険の健康保険から出るみたいです。産前産後の13週間分で、月の給料の60%ぐらいがもらえるそうです。ちなみに自営業者さんや、国民健康保険の人は出産育児一時金はもらえないです。

 

 

次に育児休業給付金です。この育児休業給付金は簡単に言うと、出産前ちゃんとしっかり働いていた人がもらえます。(どれぐらいかは細かいのでハローワークにお問合せしてね)

だいたい給与の50%ぐらい支給されると思っていてください。育児休業給付金は雇用保険から支給されます。(勤めていると皆さん加入していますよ)

 

最初は出産育児一時金や育児休業給付金、出産手当金など何が何だかわからず、誰に聞いても良くわからないような国の仕組みになっています。

 

 

まして申請や計算方法など素人ができません。

 

 

まずは会社の社長さんに出産の事で相談してみてください。会社の社長さんで申請や計算方法などがわからない人はハローワークや労働組合、社会保険労務士さんに聞くと申請の時期、計算方法など詳しく教えてもらえます。

 

 

ただし、ハローワークや労働組合、社会保険労務士さんは出産育児一時金や育児休業給付金、出産手当金などのプロなので、言っている意味を理解するには、努力が必要です。申請の時期、計算方法などはプロに任せて、だいたいの簡単なお金の流れ、仕組みだけを理解した方が良いと思いますよ。

 

以上、出産にまつわるお金の悩み、出産育児一時金や育児休業給付金、出産手当金の申請や計算方法のコツでした。