生産性の成果を出す実践方法!!

 

企業の社長はものすごく働いていますよね。社長さんが時間を上手に使い、成果効率を上げる実践方法があるんですって!!!

 

僕は時間をあまりうまく使えなくて、困っているんですが、生産性について魅力的な記事がありましたのでお伝えしちゃいます。

 

優秀なCEOが生産性を高めて100%以上の成果を出すのに実践している8つのこと

 

1 はっきり断る

会社を経営していると人脈が広がって、仕事に関係のない事のお誘いなどで、時間がとられるようになります。そんな時は、しっかりと断る勇気が必要です。

 

2 メールの時間を節約する

メールが多い人はソフトなどを使って、メールにかける時間を短縮しましょう。

 

3 健康や体力などをしっかり管理する

運動をしっかりとする事。睡眠時間をコントロールする事。などで健康を管理していきましょう。健康でないと、仕事効率にも悪影響が出てしまいます。

 

4 繰り返すような作業は部下に任せる(仕事を任せていく)

作業や手順などはマニュアルをノートにまとめてシステム化して、部下やアシスタントに振り分けましょう。その方が時間の節約が出きます。

 

5 コミュニケーションを取る事

人間関係をしっかりとるコミュニケーションがビジネスには欠かせません。仕事としてよりは、人としての関係作りが大切です。

 

6 社内ミーティングを減らす

無駄なミーティングを減らすようにIT(共有フォルダーはクラウドなど)を使っての工夫が必要です。無駄を省くようにしましょう。

 

7 アシスタントをうまく使う

生産性を上げるにはITなどのソフトを使う事と、人間の可能性を信じてアシスタントをうまく使うことが必要です。できれば常勤できる人を雇うのがいいです。

 

8 部下の心のケア

生産性を伸ばしている社長の中で優秀な人ほど部下とのコミュニケーションを多く取っているようです。慎重になりすぎて仕事のスピードが遅くなっている社員には(失敗を恐れずにやって行こう)などと、一人一人の社員のケアをしていくことで結果、生産性が上がります。

 

 

この記事のように実践できれば時間はあまるのかなー???

一つ一つは簡単なようですが中々続けれなくて困っちゃいますよね。

 

 

以上、生産性を伸ばして成果を出している社長が実践している事の記事でした。