稲盛和夫フィロソフィー(JAL)の意味は簡単に言えば(生き方)です。

スポンサーリンク

このフィロソフィーと言う言葉は、盛和塾、塾長、稲盛和夫さんの言葉です。直訳すると、哲学となるようです。哲学と言うと何か難しいように思えるかもしれませんが、盛和塾では、(フィロソフィーの意味)と、聞かれると、哲学、生き方、その人の持つ、人としての考え方や倫理観、などの広い意味でつかわれています。

 

※参考
 【中古】新書 京セラフィロソフィ / 稲盛和夫

【楽天ブックスならいつでも送料無料】俺のフィロソフィ [ 坂本孝 ]
京セラやJALにはこの(フィロソフィーの意味)や(フィロソフィーとは)と言う、問題を解く、勉強会を社員皆でしています。フィロソフィーの勉強を皆ですることにより、会社の日々の判断や問題が起きた時の判断基準を1つにしていき(ベクトル)、統制のとれた会社をめざしています。

 

 

フィロソフィーの意味を直訳すると哲学ですが、英語と日本語には、文化の違いもありますので、割と簡単に考えてもいいと思いますよ。英語の(リスク)も直訳すると日本語にうまくできないそうです。(リスクとは危険ではなく、その先に少し旨みがある感じ)

 

 

ディベートと言う言葉もある作家さんは屁理屈と訳したそうです。(笑)

 

 

このように、英語を直訳することが正しいのではありませんので、簡単にとらえていきましょうね。

 

 

盛和塾、塾長稲盛和夫流に行くとフィロソフィーの意味は、哲学、生き方、その人の持つ、人としての考え方や倫理観です。

 

フィロソーフィーの意味が分かるおすすめの本

 

 


スポンサーリンク