合馬たけのこ(オウマタケノコ)って知っていますか、京都のたけのこぐらい美味しいたけのこなんです。

 

生産地は北九州です。普通のたけのことは、一口食べれば誰でも違いが判ると思います。

僕が食べた合馬たけのこの料理法は炭火で焼いてオリーブオイルをかけ、塩で食べるだけの、シンプルな料理です。(たぶんです!!マスターにレシピを聞いていないので)

 

 

たけのこは、あくが強いので、あく抜きが必要です。しかしマスターいわく、あくが、旨み、栄養、だそうです。ですからここのイタリアンのお店では、米のとぎ汁などで煮ることは、しないそうです。

 

 

あく抜きの方法はたわしで洗うだけ。(居酒屋や割烹とは違いますね)

 

 

これで、旨み、栄養も残るので美味しく食べられるそうです。良くないたけのこですと、たわしで洗うだけだと、あくが強くて食べられないそうです。

 

 

普通のたけのこと違う、合馬たけのこを、お取り寄せして食べてみたいですね。合馬たけのこは、お刺身や、煮物、てんぷら、たけのこご飯、どれをとっても美味しそうです。

 

天気のいい日に、たけのこ堀をして、自分でとった、たけのこを食べてみたいです。

 

すっごく美味しかった、合馬たけのこグルメレポートでした(*^。^*)