もう、あれから5年も経つんですね。(^^)

 

母親が、祖父の法事の段取りなどを取っていました。もう祖父が膵癌で亡くなり5年が過ぎました。時間の経つのは早いですね(*^。^*)

 

 

祖父の闘病生活を思い出しブログを書いています。

 

 

祖父は、膵癌に多い、肥満体質でもなく、喫煙もせず、糖尿病でもありませんでした。

いつも行く、クリニックで血液検査をしたところ血液に異常が見られ、そのクリニックの紹介で大きな病院で精密検査をしました。そこで膵癌ステージⅢと診断されました。

 

 

母は、喫煙もしない、糖尿病でもない、まして自覚症状もない祖父なので、膵癌と聞いて、すごく驚いていました。精密検査によると、インスリンの数値や腫瘍マーカーに異常があったそうです。その後、僕はインターネットで膵癌をいろいろ調べましたが、調べれば調べるほど、膵癌ステージⅢは絶望的な癌という情報ばかりです。

癌の大様とも書かれていました。

 

 

5年生存率、予後、どれを見ても良い情報はありません。

先生に聞いたところ、祖父の膵癌は、ステージⅢぐらいで手術はできないそうでした。化学療法や放射線治療をしていくそうです。祖父は癌のステージⅢでも転移がないようで、放射線治療を始めようとした所、肝臓に癌の転移が発見されました。

 

 

癌の転移があると、放射線治療はできないらしく、免疫療法、化学療法、抗がん剤治療になったのです。ゲムシタビン(ジェムザール)、S-1など、いろいろ投与して通院していました。中には強い副作用があり、大変でしたが立派に膵癌と戦った闘病生活だと思います。

 

 

闘病は1年ぐらいでしたが、泣き言を1度も聞いたことがありませんでした。

 

 

とても立派な祖父の事を思い出しここに闘病ブログを書いています。

膵癌は遺伝もあるのかわかりませんが、僕もしっかり生きていき、天国の祖父に叱られないよう頑張ります。(*^。^*)

 

抗がん剤後の脱毛に効く育毛剤!薬剤性脱毛症を改善