危険!!日本も北京PM2.5の濃度では食料不足になる可能性があるそうです!!!

 

北京の人たちはもう慣れてしまった、スモッグの厚い雲は、今後さらにひどくなり大気汚染も深刻です。新聞などには(核の冬)の文字が多く出ていました。

(核の冬)とは核兵器などによって微粒子が空を覆い、日光が地上に来なくなり、食糧不足や寒冷化などがおきる事だそうです。(ヤバイ)

 

 

どんどん悪化している中国の大気汚染のレベル(PM2.5濃度)は北京が最悪で、世界保健機関(WHO)が安全と認めた限界値の約20倍あるそうです。

 

 

PM2.5の被害が出て、危険なのは植物も同様です。太陽光が遮られ光合成ができずに食料供給も心配です。北京では視界が60メートルを切る所もあってPM2.5の大気汚染のために人間は住居不可能になるのも近いと噂されているそうです。

 

そういえば福岡県でも視界が曇っていた日が多くありましたね。PM2.5のひどい危険な日は外に出ないことをおすすめしますね。

以上、日本も危険じゃないの?北京PM2.5の濃度では!!でした。