今回は多くの人が気になっている白髪についてご紹介します。白髪対策には髪を傷めない市販の白髪染めトリートメントがオススメです。特に気になる白髪の部分染めにも使えるので、是非ご利用ください。
kara-

市販の白髪染めトリートメントのご紹介の前に、まずは白髪になる原因のご紹介です。


スポンサーリンク

白髪になる原因

私達の髪は、メラニンという色素によって黒や茶色といった色がついています。このメラニン色素は毛髪の根元にある毛母細胞と呼ばれる細胞の中にある、メラノサイトで作られています。

このメラノサイトは加齢とともに働きが低下してしまいます。メラノサイトからのメラニン色素が不十分になることによって髪が黒くなれず、色のない状態で生えてきてしまいます。これが白髪が生えるメカニズムです。


加齢とともに白髪が出てきてしまうのは仕方がないことです。加齢以外にもストレスや禁煙・睡眠不足・運動不足による血行不良・食生活の乱れなど、白髪が出る原因は様々です。

若い方でも白髪に悩まされている人も多いのではないでしょうか。


白髪が目立つと、見た目にかなり影響が出てしまいますよね。白髪染めを上手に活用して美しい髪を保ちたいところです。

しかし、せっかくサロンで高いお金を払って白髪染めをしても、痛みの激しい毛先の色はすぐに抜けてしまったり、生え際の白髪があっという間に目立ち始めてしまったりと、きれいな状態を長く保つのは難しいです。

また、白髪の色が抜けきらきらと目立ってしまうことも多いです。


白髪染めの種類

自宅で白髪を染めている方も多いのではないかと思いますが、大半の白髪染めは2種類の薬剤に分かれているのではないでしょうか。

これは、1つ目の薬剤で紙のキューティクルを開き色素を中にしみこませ、2個目の薬剤に含まれる過酸化水素がその色素を参加することによって色素を定着させるという仕組みを持つためです。

通常のヘアカラーではこのキューティクルを開いてさらに髪にある色素を脱色する働きが強いため、白髪染めに比べてダメージが大きいとされています。


白髪染めの色の抜けを防ぐには、1つ目の薬剤で開いてしまったキューティクルをしっかり閉じてあげることが大事です。トリートメントの使用や、ドライヤーの適切な利用によってキューティクルを締めることができます。

しかし髪を濡れたまま放置したり、高温のドライヤーの風をあてたり、パーマやカラーを繰り返したりと髪を傷める行為をするとキューティクルはまた開いてしまい、色素がより流れやすくなってしまいます。


髪のケアに十分気をつけていてもカラーの抜けは起きてしまいます。しかし何度も白髪染めを繰り返すと髪が傷んでしまうどころか、カラー罪によるアレルギーのリスクが高まったり、頭皮が荒れてしまったりと身体によくありません。

ここでおすすめなのが白髪染めトリートメントです。


市販の白髪染めトリートメントは部分染めにもオススメ!

jsrt

白髪染めトリートメントは、オイル成分や保湿成分とともに色素が配合されたもので、髪のケアをしながら髪に色を入れることができます。

通常の白髪染めのようにキューティクルを開く成分を含まないため染まりは弱い場合も多いですが、部分的に染めたい場合や髪をなるべく痛めたくない場合に大変役に立つものです。


また、通常の白髪染めで根元だけを染めようとすると、新たに染めた部分と前に染めた部分で色に違いが出てしまうことが多いです。その点白髪染めトリートメントは染まりが穏やかなためその心配は少なくなります。部分染めにもってこいのアイテムですね。

白髪染めトリートメントはほとんどの場合浴室で使用します。髪に汚れや皮脂がついているとカラー剤が入りにくいため、まず初めにいつも使用しているシャンプーを使ってよく髪の毛を洗っていきます。

白髪染めトリートメントの使い方

しっかりシャンプーを洗い流したらタオルで髪の毛の水気をとります。水がついていると染まりにくくなってしまうことが多いのでなるべく限界までタオルドライすることをおすすめします。

水気をとった髪にカラートリートメントを使っていきます。ものによっては染色力が強く手が染まってしまうものもあるので、手袋を使用した方がよい場合もあります。

気になる生え際や色の抜けた毛先など、染めたいところを中心に、手に取ったトリートメントをなじませていきます。髪が絡まっていると染まりにくいので、やさしくほぐしながら刷り込んでいくイメージです。

自分で白髪染めをする場合は、頭皮につくとヒリヒリてしまったり、湿疹が出てしまうことを恐れて頭皮につかないように気をつけている人も多いでしょう。しかしカラートリートメントの場合は頭皮にやさしい成分ばかりが含まれている場合も多いため、頭皮についてしまっても大丈夫です。

製品に指示されている時間放置した後良く洗い流します。流した水に色が出なくなるまでしっかりと洗い流しましょう。

オイルなどが配合されているトリートメントの場合は、頭皮についたままだと毛穴を詰まらせてしまう可能性も考えられるため頭皮もしっかりゆすいでおきましょう。

通常の白髪染めと異なり、カラートリートメントは一回で染めるためのものではなく複数回、継続的に使用していくことを目的としたものです。一回目は髪に色が入りにくいため、初回はトリートメントを塗ってから置いておく時間が長く設定されているものも多いです。

二回目からは放置時間が短いものが多い印象です。毎日使わなければならないものもありますが、一週間に一回程度など回数の少ないものもあるので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

染まりをよくする方法として、トリートメント塗布後にシャワーキャップを使って髪を覆う方法をおすすめします。

先に述べたように、キューティクルを開けば色素が入りやすくなります。髪のキューティクルは温めると開き、冷めると閉じる性質があるため、シャワーキャプで保温してキューティクルを開いてあげることでトリートメントに入っている色素がより浸透しやすい状況を作ります。

また、長く置けば置くほど良く染まるとは限りません。濡れた髪を放置しすぎることは髪のダメージにもつながるので、製品ごとの指定時間をしっかりと守りましょう。

カラートリートメントを洗い流すとき、浴室にカラー剤が飛び散ってしまわないように注意しましょう。手や身体についた場合は石鹸で落とすことができることがほとんどですが、お風呂の壁や床についてしまうと落ちにくくなってしまうことがあります。気をつけながらの使用をおすすめします。

カラートリートメントを使って上手く白髪を隠しながら、白髪を減らしていく方法もご紹介します。


白髪を減らす方法

加齢によるメラノサイトの活性の低下は仕方のないことですが、改善できる場合もあります。
喫煙されている場合は禁煙しましょう。

たばこはメラノサイトの活性を低下させてしまいます。また、血管を収縮させることによって血行が悪くなるため頭皮に十分に栄養が行き渡らなくなることによっても白髪を引き起こしてしまいます。


また、ストレスをためないようにすることも大切です。

ストレスによって自律神経が乱されると、頭皮に十分な栄養を送ることができなくなります。これによってメラニン色素の生成が阻害されてしまいます。

ストレスをためない、解消するためには上質な睡眠を十分な時間とることをおすすめします。


睡眠中に私達の身体は成長ホルモンを作ります。この成長ホルモンはメラノサイトがメラニン色素を作るのを助けます。睡眠不足が白髪の増加につながるのはこの成長ホルモンの不足も1つの原因であると考えられています。

カラートリートメントの使用と同時に、頭皮のマッサージを取り入れることによっても白髪を改善していきましょう。頭皮マッサージによって頭皮の血行を良くし、メラノサイトの働きを高めます。

カラートリートメントと様々な方法を活用して、きれいな髪を保っていきましょうね。


以上、(市販の白髪染めトリートメントは部分染めにオススメ)でした。

スポンサーリンク


市販の白髪染めトリートメントオススメ人気ランキング

市販の白髪染めの間隔をのばす方法!カラートリートメントがオススメ!