日本では、男性だけでなく、女性も薄毛に悩む人が増えています。
女性の薄毛は、男性の薄毛とは原因が異なります。

 

スポンサーリンク

naisyo
男性型脱毛症は、頭頂部や生え際が薄くなって症状が進行していきます。
一方、女性の脱毛症は、全体的に薄くなるのが特徴です。

 
脱毛が進行すると、分け目が目立ってきます。
最近は、女性の薄毛を治療する、専門のクリニックも増えています。

 
女性の脱毛症は、人によって原因が違うので、原因を調べて最も適した治療を行っていきます。
抜け毛が気になる場合は、なるべく早くクリニックへ行って医師の診察を受けた方が安心です。

 
症状が軽い場合は、病院で治療を受けなくても、市販の女性用育毛剤で改善することがあります。
女性用育毛剤は、様々なメーカーから販売されています。

 
市販されている女性用育毛剤は、それぞれ特長があり、効果も様々です。
市販されている女性用育毛剤の多くに、血行促進効果がある成分が配合されています。

 
日本は、ストレスが多い社会だと言われており、ストレスで髪の毛が抜けてしまう人も少なくありません。
頭皮の毛細血管がストレスによって血行不良になると、薄毛を引き起こす原因となります。

 
女性は、乾燥によって抜け毛が増える人も多いです。
そのため、保湿効果がある成分も含まれている女性用育毛剤も多いです。

 
頭皮が乾燥すると、フケやかゆみが出たり、皮膚炎の原因になるので注意が必要です。
乾燥は、皮膚のバリア機能を低下させます。
健康な髪は、健康な頭皮から生まれるので、頭皮を健康に保つことは、とても重要なのです。

 

これからの秋、女性も抜け毛に注意してください。

 

スポンサーリンク

以上、(市販の女性用育毛剤は薄毛治療にも効果的)でした。