薬剤師さんが、現在の日本にはとっても不足しているので、どこの病院や薬局も、いい条件で薬剤師さんを探しているそうです。

hjh

そんな薬剤師さんなので、今転職を考えている薬剤師さんもたくさんいるみたいですね。

※参考
【楽天ブックスならいつでも送料無料】転職者のための履歴書・職務経歴書の書き方改訂版 [ 実務…

 【新品】【書籍・コミック ビジネス・経済・就職】転職面接必勝法 実践編

 

そこで今回は、薬剤師の転職が上手くいく7つの方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

転職の前には企業をしっかりと調べて、失敗しない様にしようね。コロコロと転職を重ねていては、立派な大人になれませんよ。(笑)

 

転職方法1 ハローワークに登録する

 

国の公共サービス、ハローワークです。国が運営していますので安心ですが、自分で通う必要が有りますので、向き不向きがあるかもしれません。

実際は求人していない企業も出ている恐れも有りますので、注意が必要です。

 

 

転職方法2 求人雑誌を見る

 

コンビニなどに設置してある求人雑誌から、求人企業を調べる方法です。求人雑誌には無料のものもありますが、薬剤師など職業を絞ると、求人数が少ないこともあり、情報量が少なく不安です。(デメリットは多くの求人と比較出来ない!)

 

 

転職方法3 インターネット検索

 

自宅のパソコンで、Yahoo!やGoogleなどの検索窓に、自分の就職したい病院名や会社名、地域等を入れて検索する方法です。

転職したい会社などが具体的に決まっている場合は有効な方法ですが、それ以内の場合は膨大な量の情報が出てきますので、決めにくいかもしれません。

給与や労働条件についても、細かく情報が見れない場合もあります

yedr

 

転職方法4 薬剤師求人サイト登録

 

無料の薬剤師求人サイトに登録する方法です。自分の条件に合った就職先を、全国から探せますので、1番便利な方法だと思います。

求人サイトによっては条件もサービス違いますので注意が必要ですが、登録は無料なのでとりあえず登録しておくほうが良いでしょう。(オススメ求人サイト

 

 

転職方法5 派遣登録

 

派遣会社に登録する方法です。国が運営しているハローワークの民間版だと思えばいいと思います。

派遣で職場を確認してからの就職になりますので、失敗が少ないかも。

派遣を必要としていない企業の求人は無いので、こちらもとりあえずの登録が良いと思います。

 

 

転職方法6 紹介会社の利用

 

薬剤師専門の紹介サービスを利用する方法です。未公開の求人も多く取り扱っていますので、転職企業の幅が広がると思います。

多くの企業を知りたい人にはおすすめです。

 

 

転職方法7  友人の紹介

 

同業者の友人の紹介です。こちらが1番就職してから、長く働く確率の高い方法です。

友人から職場の口コミなどを直に聞けるので、就職してからの職場のギャップが少ないです。

転職には1番良い方法だと思います。

tyu56t

 

まとめ

今回紹介した薬剤師さんの転職方法7つ。うまく組み合わせることで上手に転職できると思います。

 

転職の失敗を防ぐには、求人サイトなどでしっかりと労働条件や賃金等の企業情報を調べてください。

 

その他、理念や会社の方向性なども企業情報に加えて調べておくと、自分に合った企業が見つかりやすいと思います。

 

その他、求人サイトだけでは無く、企業の口コミや働いている人などもチェックして

 

永く働ける企業を見つけて下さいね。(僕は経営者として、働いている人の口コミが1番重要だと思いますよ。笑)

 

経営者目線での薬剤師の転職方法でした。

スポンサーリンク