リップクリームに、医薬品と薬用のリップクリームがあるのを知っていましたか?

 

キャプチャ

僕は薬用リップクリームは聞いたことがありましたが、医薬品リップクリームは最近になって初めて知りました。

 

※参考
ビタミンB2配合!荒れ・ひびを防いで健やかに保つ薬用リップクリーム!【メール便のみ送料無料…

 

 

この医薬品と薬用、一体何が違うリップクリームなのか?詳しく説明しちゃいます。

スポンサーリンク

僕たちが普段一般的に使っているリップクリームは主に薬用リップクリームです。

 

 

薬用リップクリームは唇の乾燥を守り、適度に唇のひび割れ等の修復もしてくれる、使いやすいリップクリームです。

 

 

一方医薬品のリップクリームは、薬用リップクリームよりも、唇のひび割れに効く、修復効果が高いリップクリームです。

 

 

普通コンビニなどに売っているリップクリームは、すべて薬用リップクリームです。

 

 

医薬品リップクリームは、ドラッグストア等の医薬品コーナーにしか売っていませんので、もし医薬品リップクリームをお求めの際は、ドラッグストアの医薬品コーナーで探すと見つかるそうです。

 

 

使い方としては、医薬品リップクリームは、薬用のものと比べると値段が高いのですが、唇のひび割れなどの修復に効く効果が高く、荒れた唇を早く治してくれます。

 

 

使い心地は薬用の方がいいと思いますが、夜寝るときに付ける、唇を修復するためのリップクリームとしては、医薬品リップクリームのほうが適していると思います。

 

 

夜寝ている間に、唇のひび割れに効く成分が浸透して、朝になると症状を改善してくれるみたいです。

 

 

ですから医薬品リップクリームの使い方としては、夜寝る前に付けて、唇を修復するためのリップクリームとして使うといいと思います。

 

もう一つの薬用リップクリームは、適度に修復効果もあり乾燥から唇を防いでくれますので、日常遣いに使うと良いリップクリームだと思います。

 

 

薬用リップクリームの使い方としては、唇を乾燥から守ったり、乾燥した唇を保湿したり、唇を今以上、痛めない為に使うリップクリームとして使うといいと思います。

 

 

唇のひび割れ等に効く医薬品リップクリームですが、医薬品の為、若干の副作用も気になりますので、唇の症状が改善したときには、薬用のリップクリームに変えることが大切です。

 

 

今回紹介した医薬品と薬用のリップクリームの違い。意外と知っている人は少ないと思ってブログにしちゃいました。(笑)

 

 

これからの季節は唇も荒れやすいと思います。自分の唇の症状に合わせて、医薬品と薬用のリップクリームを上手に使い分けてくださいね。

 

スポンサーリンク