寝違えた首の治し方をお教えします。なぜ、僕が治し方を知っているのかと言うと、昨日寝違えてしまって、今日、地元で有名な接骨院で治療してきたからです(笑)

f

 ※参考
ニチバン ロイヒ温シップ フェルビナク 12枚/ニチバン/肩こり・腰痛・筋肉痛/温感シップ(温湿布…

強力!160mTの医療機器+サポーターで首スッキリ(肩 こり 首 ストレートネック 頚椎 肩こり 血…

 

ですから今回はホットな情報、僕が実際に聞いてきた寝違えた首の治し方の紹介です。

スポンサーリンク

今も首が後ろや左に曲がりませんが、がんばって紹介します。(笑)

 

 

まずはドクターに聞いた、寝違えとは何か?という説明です。寝違えとは首に炎症が起きた状態です。痛みがひどい時は炎症がひどいときです。簡単に考えずに炎症だということを自覚しましょう。

 

wet

続いて治し方ですが、朝起きてまだ痛みのある症状の時は、まず冷やすことです。患部を冷やして安静にしてください。(首の後ろあたりが効果的だそうです。)

 

湿布があるのなら冷湿布が効果的、間違っても温めてはいけません。症状が悪化する恐れがあるとのこと。痛みがある時はまずは冷やすこと。『冷湿布が効果的』だと、覚えておいて下さいね。

 

 

そして痛みが取れてきたら、患部を温めてあげることです。傷みが取れてきたら『温湿布が効果的』だそうです。寝違えた首の治し方は安静が一番だそうです。急がずに安静にしていましょう。

 

 

今回の、『寝違えた首』の大きな原因は、首や肩のコリと、枕の高さなどが自分にあっていないときに起こるそうです。首が枕に沈みこむ枕や、枕をしたときにアゴが上がりすぎる枕は、寝違える可能性の高い枕です。寝違えない自分にあう高さの枕で寝ることをお勧めされました。ドクターに聞いた、寝違えた首に効果的な湿布と枕、コリを取るグッズも教えていただきました。

以上、傷みは取れたが、まだ首が後ろや左に曲がらない、寝違えた首の状態で書いているブログでした。僕は今、温湿布であたためています。(笑)

 

追記

寝違えた首の治し方を習ってからは、寝違えや肩こりにも効くので助かっています。首の後ろに人間に大切な所があるので、シップを貼っても効くそうです。

寝違えた首ってなかなか治らないイメージがありましたが、今回の効果的な対処法で、簡単に良くなることが出来ました。

先生!!ありがとうございました。

 

スポンサーリンク