皆さんご存知の還元率最強のリクルートカード!2025年の春に大戸屋やゲオ、ローソンなどでポイントが使えるポンタ『ponta』との統合が発表されました。



ただでさえ、お得なポイント還元率最強のリクルートカード!リクルートカードプラスにおいては還元率2.0と、どんどんポイントが溜まっちゃうカードなんですが、ポンタ『ponta』と統合されれば、今以上にポイントが早くたまりますよね。

 

 

そこで知らないと損をしてしまいますので、リクルートカードとポンタ『ponta』が統合することのメリットをわかりやすくブログで紹介しますね。

 

 

まずは現状認識。現在のリクルートカードのメリットとデメリットです。

 

 

リクルートカードのメリットと言えば、さっきも言いましたが、高い還元率です。リクルートカードプラスになるとポイント還元率は2.0パーセントと業界最強の還元率です。

 

デメリットと言えば、あまり名前が知られていなく、ちょっとマイナーなイメージがあるところです。たまったポイントを使うところも、他のカードと比べて少ないのが、今の現状です。

 

 

続いてポンタ『ponta』の現状です

 

ポンタ『ponta』のメリットは、大戸屋やゲオ、ローソンなど、数多くの実際の店舗で多く使えることがポンタ『ponta』のいちばんのメリットです。

 

デメリットと言えば、他のカードと比べてポイントを貯める方法が極端に少ないことです。

 

 

統合すると得られるメリット

 

 

リクルートカードとポンタ『ponta』が統合すると、お互いのカードの持っているメリット生かしデメリットを補う、僕たち庶民がとっても使いやすいカードが出来上がると思います。

 

業界最強のポイント還元率のカードで、大戸屋やゲオ、ローソンなど約2万5,000店舗以上に対応できるカードになります。いろいろなカードを持って、それぞれにポイントが貯まっても、なかなか使う事は出来なかったのですが、このリクルートカードとポンタ『ponta』が統合することでカード一枚で、その他のカードはいらなくなるかもしれません。

 

 

リクルートカードとポンタ『ponta』が統合される予定は、2015年の春です。リクルートカードを持っていない人は、早めの準備がいいかもしれませんね。

 

 

以上、大戸屋とゲオに毎週行っているので、リクルートカードとポンタ『ponta』が統合するとポイントのメリットが大きくなってワクワクする情報でした。