WWDC14で発表されたアップル製品向けの新しいOS『ios8』。アップル曰く、[今までで最も大規模なバージョンアップ]って言っているけど、本当の事なのか、ios8の新機能をしらべてみました。

 

その新機能アプリの中で特に僕が凄いと思い、興味を持ったのがios8の健康管理アプリ『HealthKit』です。

 

 

『HealthKit』を使うと自分の健康管理に必要なデーターを主治医と共有できるように設定もできるそうです。(凄い)一人暮らしの高齢者が多い日本の現状を考えると健康管理に必要なデーターを主治医と共有できるアプリとは、すばらしい機能だと思いました。

 

 

僕の母親も田舎の一人暮らしで何か、持病もあるみたいです。コレステロールや血糖値、中性脂肪などの数値を気にしていて、毎日薬を飲んでいました。行きつけのクリニックもバスで30分もかかっているので、ios8の健康管理アプリ『HealthKit』があると、主治医とデーターを共有できるので、今より心配は減ると思いました。

 

 

母はまだガラケーを使っていますが、ガラケーからスマホへ『アップルのios8』に切り替えようと思いました。(『HealthKit』を使えるかな?)

 

 

その他、アップルのios8新機能アプリも便利で使いやすくなっているそうなので、とても楽しみですね。

 

 

今回は、ios8健康管理アプリ『HealthKit』で主治医とデーターを共有できる情報を紹介しました。