肌荒れやニキビの原因は、ナント腸内劣化が主な原因って知っていましたか?

 

女性なら誰もが気になる肌荒れやニキビ!素肌に問題があると、どんなに化粧してもバレバレです。しかも化粧品会社のアンケートによると、素肌にトラブルのある人は実際の年齢よりも3歳から5歳、年上に見られるようです。

 

 

肌荒れやニキビは化粧品などの外側からのケアより、体の内側、腸内をきれいにしないと改善は、しにくいものです。ドクターに聞いたところ、肌荒れやニキビの方を内視鏡で腸内をチェックすると、腸内も素肌と同じような症状になっていることが多いそうです。

 

 

腸内劣化の原因は主に便秘です。便秘が続くと便に含まれている、あまり体によくない物質が腸から吸収され全身に回ります。このことが肌に影響して肌荒れやニキビを起こしてしまいます。便秘が続き腸内に住む細菌のバランスが崩れることを腸内劣化と呼びます。

 

 

この腸内劣化を改善して腸内をきれいにすることが、肌荒れやニキビの改善方法です。そこでドクターに聞いた、腸内劣化の症状を改善する方法!7つの習慣をご紹介します。

 

 

改善方法7つの習慣

 

1  食物繊維を多くとり、腸の善玉菌を増やしましょう。ドクターおすすめ乳酸菌

2  夜更かしをしない!規則正しい生活に!

3  21時以降には食べない

4 おなかがすいてから食べるようにする

5 いちにち30分、適度な運動を心がける

6 発酵食品(納豆、チーズ)を摂るようにする

7  ゆっくりよく噛んで食べる

 

 

この上記の改善方法、7つの習慣を心がけて生活をすることで、腸内劣化の症状は必ず改善できるそうです。肌荒れやニキビなど、肌の悩みはほとんどが腸内劣化!便秘です。腸の善玉菌を増やして肌を綺麗に、見た目年齢を若く保ちましょうね。野菜が苦手な人は肌荒れに効くサプリメントもオススメですよ。参考にしてください。