前回のブログでお伝えしたとおり、妻は健康診断で糖尿病の1歩手前と言われました。糖尿病の予防方法の1番は『肥満を防ぐ』ことです。

 

今、妻は病院の先生から頂いた、肥満を防ぐための具体的な食事の取り方を見て食事をとっているみたいです。

 

 

今回は、病院の先生から頂いた、糖尿病の予防方法、肥満を防ぐための具体的な食事の取り方10コを紹介いします。

 

 

栄養のバランスをとりながら、食べ過ぎないことが大切みたいですよ、それでは行きます。

 

 

具体的な食事の取り方

 

1 なるべく決まった時間に食事をすること

 

食事の時間が不規則だったり、朝食を抜いたりするのはよくありません。寝る前3時間も、食事を避けましょう。ゆっくり噛んで急がずにね!

 

 

2 薄味にしよう

 

濃い味のおかずは体に良くありません。素材の味を生かした薄味で調理を!

 

 

3 たっぷりの野菜を取ろう

 

肥満を防ぐ働きのある食物繊維は、野菜に多く含まれています。1日、350グラム以上の野菜を取ることをおすすめします

野菜を上手に取れない方はコチラ

 

4 脂っこいものや甘いものを食べすぎない

 

脂っこものや甘いものは太る原因になります。食べ過ぎは危険です。

 

 

5 少しずつ取り分けて食べよう

 

大皿のまま食べると、どれぐらい食べたか分からずに食べ過ぎてしまいますよ。

 

 

6 調味料はかけるのではなくつけること

 

油の多く含まれているドレッシングやマヨネーズは太りやすい食品です。多くとると糖尿病を悪化させます。直接かけるのではなく小皿にとってつけましょう

 

 

7 食品のエネルギーに気をかけて

 

毎回食べるものがどれくらいのエネルギーなのかを知りましょう。

 

 

8 多い時は残す

 

もったいないからといって食べなくてもいいです。多いと思ったときは残しましょう。

 

 

9 小ぶりの茶碗で

 

食べ過ぎを防ぐ為のコツです。お茶碗は小さめで!

 

 

10 食事の時は集中しよう

 

本を読みながら、テレビを見ながらなど、食事をすると、食べた量が分かりづらくなります。食事の時は食事に集中しましょう

 

 

以上、今回は病院の先生から聞いた、肥満を防ぐための具体的な食事の取り方10コを紹介しました。肥満を防ぐことは、糖尿病の予防方法だけではなく生活習慣病すべてに効果的です。

糖尿病でお困りの方は、今すぐクリック。

 

これからは妻と一緒に、糖尿病の予防方法、肥満を防ぐ食事の取り方10コを一緒に実践していきます。