朝の情報番組“いっぷく”でO157の特集をしていましたがビックリしちゃいました。



TOKIOの太一くん(国分太一)もO157の事は、詳しくはわからないと言っていましたが、専門家の話をテレビで聞いても、難しすぎてよくわかりませんでした。

 

 

しかし、ここ数年でO157が原因で亡くなっている人が凄く多いそうです!!これまでの原因の食べ物は、馬刺し、漬物、カイワレ、ユッケ、キムチなどで多種多様です。『これさえ食べなければO157に感染しない』って言えない感じですよね。

 

 

O157の怖いのは馬刺し、漬物、カイワレ、ユッケ、キムチなどを食べなければO157に感染しないと言うわけではなく、あらゆる食べ物にO157が付いている可能性があるからです。

 

 

ですから、予防や対策法で1番大事な事は、腸内環境を整えることなんですって!(“いっぷく”で専門家の先生が断言していました!)

 

 

結局、予防や対策法は、どの食べ物にO157の菌が、付いているのか分からないので、体内に入ったO157の菌を、胃や腸の菌で予防、対策するしかないみたいです。

 

 

身体が弱ったり、腸内環境のみだれ(便秘など)により胃や腸の良い菌が減少するそうです。

 

 

専門家の先生の結論も『腸内環境を整えることが1番です』と言うふうに終わっていました。

 

僕もこの情報を知るまでは、今までのO157の原因である、馬刺し、漬物、カイワレ、ユッケ、キムチを食べなければO157は大丈夫と思っていました。僕と同じように思っている人も多いですよね。あー安全に間違っていました!!

 

 

僕は便秘もせずに腸内環境は自分で良いと思っていますが、これからの時期O157が心配です。(年齢による抵抗力、免疫力の減少を感じています)ですから今まで以上、もっと腸内環境に気をつけて『自分の身は自分で守る』事で、今からの食中毒の多い時期を乗り切りたいと思いました。



O157!予防と対策法は『腸内環境を整えること』

 

以上、O157の予防と対策法でした。