こんにちは 僕は個人事業をして約3年ぐらいした者ですが、税務調査の時期はばらばらでわかりませんよね。税務調査の時期を知りたくて、いつも決算などをお願いしている税理士さんの奥様から聞いた、画期的な税務調査の時期を遅らせる裏話を紹介します。

 

 

え?そんな方法ないよ!!と思った人、絶対ではないですが、いい方法はありますよ。

 

 

税務署の調査をする職員(税務調査員、マルサ)の気持ちになってみてください。どこに行こうと思いますか?

(怪しいところ。前に脱税などをしているところ、)などに行くはずです。ようするに、そこに行けばお金を取れそうなところに税務調査員は行くのです。

 

 

ならば、取れないような感じに見せればいいのです。

 

 

どうするのか?

 

 

それは、税理士さんにお願いして、キッチリと決算をする!!(ズバリ)

 

 

答えは全くの反対です。

 

 

自分で決算をするんです!!

 

 

税理士さんが決算をして、決算書に税理士さんのハンコが押してあると、税務調査員はすべて税理士さんになんでも聞けるので、簡単に必要書類が集められて、すぐに調査に入ることができます。

 

 

一方、私たち個人事業主に必要書類を出せと、お願いしても、必要書類がどこにあるのか、何の事か、まったくわからない場合が多いので、時間がかかり、税務調査員は必要書類を集めるだけでも大変なので、できれば簡単な事業所に行きたがるのです(公務員ですからね)

 

 

矛盾していますが、しっかり税理士さんにお願いして決算している事業所には税務調査員は行くのが楽で、ルーズな自分で決算している個人事業主には税務調査員は行くのが嫌なのです。

 

 

本来なら、ルーズな自分で決算している個人事業主を調査して、厳しく指導するべきと、思うのですが、税務調査員は公務員で、人間ですので、このようになりやすいそうです。

 

 

すごく大きな売上の事業所は別ですが、小さな事業所で、税務調査に入ってもらいたくない事業所は、途中まで税理士さんに協力してもらい、最後のハンコは個人で押すといいのでは?

 

尚、脱税などすると所得税の追徴課税などすごいですから脱税はだめですよ。!!

 

 

以上 個人事業主、税務調査の時期を遅らせる、税理士さんの裏話教えます、でした